脳梗塞予防の鍵は検査にあり~メディカルチェックで命を救う~

発症させない

悩み

発症する原因

脳梗塞は、脳の組織や細胞が壊死してしまう病気です。高い確率で死に至り、仮に死を免れても日常生活を送るのが困難な、重い後遺症が高い確率で残ってしまう恐ろしい病気です。原因は、動脈の閉塞です。動脈が閉塞し、血液が流れなくなったために組織や細胞が壊死してしまうのです。そして、更に原因を遡れば、動脈硬化に辿り着きます。動脈硬化は読んで字のごとく、動脈が硬くなってしまう現象です。と同時に、動脈の内径が狭くなります。動脈硬化の原因の1つが、血液中の様々な物質が動脈の内壁に沈着することです。従って、内径が狭くなってしまうのです。硬化したゴムホースは裂けやすくなりますが、動脈も同様に硬化すると裂けやすくなります。ゴムホースが裂けるのを防止するためにテープで補修することがありますが、動脈の場合は血栓(血の固まり)が沈着することにより裂けることを防止します。その血栓は、何かの拍子で剥がれる可能性があります。剥がれた血栓が動脈の内径が狭い場所に流れて行き、詰まり、脳梗塞を発症してしまうのです。

原点は高血圧

脳梗塞は突然発症するというイメージがありますが、このように前段階に動脈硬化があります。ですから、動脈硬化の改善、もしくは予防が脳梗塞の予防になるのです。しかし、厄介なことに動脈硬化は自覚症状が、ほぼ皆無です。従って、自分の動脈が硬化しているのか否かというのは分からないのです。これでは、改善も予防も不可能です。動脈硬化の検査はありますが、それを医療機関で受けることは面倒なことです。そこで役立つのが、血圧の数値です。慢性的に高血圧な人は、動脈硬化が進行している可能性が高くなっています。ですから、動脈硬化を飛び越して、高血圧の改善、もしくは予防が脳梗塞予防になるのです。ただ、高血圧というのも自覚症状がないものです。しかし、高血圧の検査、つまり血圧測定は動脈硬化の検査よりも格段に容易です。ですから、血圧測定は日頃から行うべきです。

免疫力の向上

看護師

免疫治療は、これからのがん治療の現場においてかなり重要視されるでしょう。免疫治療は体内の免疫力を高めることで、がん細胞などの体内にある異物を撃退することができるのです。また副作用がないことが特徴となります。

Read More...

いざという時に役立つ

病院

都筑区在住の人は、都筑区で内科を探しておくことが大事です。いざという時に受診できるようにするためです。セカンドオピニオンも重要となります。その場合、それぞれ違った視点で探してみるといいかもしれません。

Read More...

受診の前にしたいこと

男性

病院に行くときは、事前に口コミなどで評判を調べておくとより満足のいく治療を受けられるでしょう。内科と一口に言っても、細かく分類されていることもあります。大病院の場合は待ち時間が長くなりますが、快適に過ごせるところもあります。

Read More...